ファニチュアのキレイなルーム

マイホームを買う

重機による作業風景

マイホームを購入する際は、将来の家族設計や家族全体の要望を取り入れる必要があります。子どもやペットがいる場合は、一戸建ての不動産物件が良いでしょう。生活の騒音で隣人トラブルになることがありません。

分譲住宅を買う

一軒家

分譲住宅は様々なものが登場しています。耐震性能が高いものや、太陽光発電の設備があるもの、また防犯対策が充実したものもあります。自分の要望に合う分譲住宅がきっと見つかります。

不動産の売買

新築の室内

不動産買取の際には、売るまでの時間を確認しましょう。余裕を持って売却出来る場合は様々なメリットが有ります。不動産買取は個人売買に近いのでトラブルも多く、今後減少していくことが考えられます。

見た目が良い住宅

大きな家

新築物件を建築する際に、注文住宅で購入することで満足の行く住宅を建てる事ができます。お洒落な住宅を建てたい場合は、デザイナーズ物件にすると良いでしょう。独創性のあるデザインで生活を彩りましょう。

共同所有とは

作業中の男性

中古ワンルームマンション等の収益物件を保有して安定収入を得ようとしている人が増えています。しかし、中古ワンルームマンションを購入するほどの資金力がなく、なかなか不動産投資を始めることができない人も少なからずいます。このような人は無理して中古ワンルームマンションを購入しようとするのではなく、異なる形での不動産投資にチャレンジしてみましょう。例えば、1戸もしくは1棟まるまる保有しなくても、投資をすることができる共有型の投資商品にチャレンジしてみるというのも1つの選択肢です。これは、多くの投資家が集まり、共同体を作り、1つもしくは複数の物件を共同所有して持分に応じた収益を受け取るという形の投資商品です。

多くの投資家が集まるため、投資額が小口化されて投資がしやすくなっているという特徴があります。投資対象は組成している不動産会社によっていろいろありますが、マンションや商業施設、駐車場などが一般的です。1口50万円や100万円といったケースが多く、利回りは4%から5%程度が平均的です。また、共同所有という形ではない投資商品もあります。それが上場不動産投資信託です。これは株式市場に上場されている不動産投資信託であり、証券会社を通じて売買することができます。上場不動産投資信託の場合、銘柄によっては数万円で購入できるものもあります。10万円から30万円で購入できるものも多く、お試し感覚で始めることができる不動産投資と言えます。

賃貸契約のコスト

建設作業風景

賃貸でアパートやマンションを借りる際には、様々な初期費用が必要となります。どれくらいの費用がかかるかを把握した上で契約するようにしましょう。引っ越しにかかる費用も準備しておきましょう。