賃貸契約のコスト

建設作業風景

賃貸アパートやマンションを借りる時には、家賃以外にもさまざまなお金がかかります。よく聞くのが、敷金と礼金になります。これらは、家賃の1か月から3ヶ月程度のお金がかかります。それから不動産会社に支払う仲介手数料、そして火災保険料、管理費や共益費などがあります。車を止めるのであれば駐車料金もかかります。また、賃貸契約の時に事情があって連帯保証人とたてることができないかたは家賃保証会社を利用することになります。保証会社に加入するためのお金を支払うことになります。平均的な相場として家賃の6カ月分程度はかかると見込んでおいたほうがよいです。さらにこれ以外にも部屋を借りるとなると引越しするわけですから引越し料金もかかります。

賃貸契約の時は、さまざまなお金がかかります。それを理解しておくことで何にどう使われるのかがわかります。礼金は、入居させて頂いたお礼として大家さんに支払うお金です。最近ではかからない物件も増えてきています。敷金は、未払い家賃の補てんや損害賠償費用、原状回復に使われるお金です。退去するときには原状回復にかかるお金や未払いの家賃があった分を差し引いて返還されます。敷金が初期費用としてかからない賃貸物件もありますが、その場合は退去時にお金を請求されるといったケースが多いです。最初に支払ったほうがいいのか退去するときに支払ったほうがいいのか、気持ちの問題ですが最初に支払って退去時にいくらか戻ってきた方がいい人もいます。